エストロゲンで骨粗しょう症予防

エストロゲンで骨粗しょう症予防

更年期が近くなると卵巣の働きが弱くなり閉経を迎えます

今まで定期的に分泌されていたエストロゲンは殆ど分泌されなくなります

エストロゲンは脳下垂体の支持により卵巣で作られ血液を通り全身に運ばれます

血液を採取することでその変化や濃度を調べることができます

エストロゲンの量が少なくなるのは卵巣機能の低下に原因があります

卵巣が働く無くなると体の中では作ることのできないホルモンになります

エストロゲンは一人の女性でスプーン1杯分にも満たない量しか作られません

この貴重な女性ホルモンエストロゲンのおかげで生活習慣病や骨粗しょう症の予防ができます

このような病気の予防やバストアップなどでプエラリア ミリフィカが役立ちます

自力で作れないエストロゲンを薬やサプリで補い健康を保つことができます

女性ホルモンが少なくなると骨密度が減少して骨がもろくなります

骨というとカルシウムを取ればよいと思いますがカルシウムはそのままだとごくわずかしか吸収されません

カルシウムを効率良く吸収して骨を丈夫にするためには女性ホルモンとビタミンDが必要です

ビタミンDは紫外線を浴びることで体内で合成できるビタミンです

まったく太陽に当たらない生活をしていると栄養をとっても骨がもろく弱くなり寝たきりになる危険もあります

紫外線を浴びる時間は春、秋、冬ならば1時間夏なら5分から10分

くもりでも紫外線は降り注ぎ毎日の買い物や散歩の時間を利用すればよいでしょう

浴びる範囲は500円玉ぐらいの面積でよくビタミンDを十分合成できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)