エストロゲンは女性の体を守る?

エストロゲン

女性ホルモンエストロゲンは別名卵胞ホルモンと呼ばれ妊娠に不可欠な卵胞を受精可能な玉子に

成長させるために卵巣で作られるホルモンです

女性らしさを引き出すホルモンで、つややかな髪や張りのある肌

豊かなバストが作られるのはエストロゲンのおかげです

エストロゲンが十分に分泌されるとシワや中年太りもあまりきになりません

エストロゲン(卵胞ホルモン)の効果は容姿を女らしくするだけではありません

妊娠に耐えるように心や体をサポートもしています

骨密度を高く保つのはエストロゲンの作用です

血管を強くし動脈硬化や脳血栓などを防ぐ役割もあります

血液の巡りが良くなり代謝もよく心も穏やかになります

更年期以降エストロゲン(卵胞ホルモン)が減少してくると様々な病気の症状が出てきます

思春期から更年期の女性の健康な体はエストロゲンによって守られています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)