エストロゲンがバストアップをうながす

エストロゲンバストアップ

卵巣の働きが衰え女性ホルモンの分泌が少なくなると様々な症状がでます

かかりやすい病気の種類も増えてきます

また女性ホルモンは心にも影響をあたえるので性格にまで影響してきます

程度の差はありますが女性ホルモンの減少により誰でも影響を受けるので

年齢により症状が変化するのが普通です

女性ホルモンの力で保たれていた女性らしい髪や肌もバストも卵巣の働きが弱くなり

徐々に張りやつやを失います

若々しいを保つ秘訣はの基本は卵巣の働きを弱めないことにあります

そのために血液の流れを良くすることが大事で年齢とともに血液の循環が悪くなり

毛細血管の流れが悪くその部分が病気になります

体のすみずみまで血液を十分巡らせることが大事になります

年齢とともに女性ホルモンの力は衰え、女性ホルモンバランスなどの変化により影響をうけます

バストは乳腺、脂肪組織、クーパー靭帯と呼ばれる線維の束でできています

乳腺の割合には人それぞれ個人差がありますが

クーパー靭帯が伸びきってしまうとバストの形を維持できなくなります

乳腺は女性ホルモンによって刺激されますバストアップに大事ですが

女性ホルモンエストロゲンにより分泌が盛んになりバストアップにつながります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)