ホルモンの減少が自律神経を乱す

ホルモンの減少が自律神経を乱す

ホルモンの減少が自律神経を乱す

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経系から成り立っていて

呼吸器、循環器、消化器,排泄器そして体温調節など

生命を維持させるためさまざまな機能をコントロールしています

各機能を自動調節して生まれてから死ぬまでの間本人の意思とは無関係に働きます

心臓を動かしたり消化機能を制御したり体内の異物を排除したり意識できない

様々な役割を休むことなく果たして人間の体はこの自律神経が正常に働くことで初めて健康が維持できます

ホルモンの分泌量を調節したり分泌されたホルモンを体内に運んだり

運んだホルモンで各器官に刺激を与えたり一連の動きをコントロールするのも自立神経の役割です

実際にホルモンを分泌するのは卵巣などの各器官ですが

その分泌量をチェックして女性ホルモンの影響を受ける体の各器官に指令を出すのは自律神経の仕事です

自律神経の正常な働きにはホルモンが大きな関わりを持っています

そのため更年期を迎え女性ホルモンが減少すると自律神経の働きにも乱れが生じその影響が現れます

自律神経は人の体の健康を維持するために必要なホルモン量を知っていて卵巣の働きが鈍り

必要な量の女性ホルモンが分泌されていないことをチェックすると体の各器官にそのことを知らせます

そしてその足りない分を何とかしようとして役に立ちそうな別の器官に指令を出したりします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)