女性ホルモンの不足と更年期疲労感

 

更年期疲労感

更年期疲労感

更年期の症状は体精神的にさまざまな状態で現れます

その症状の重いものを更年期障害と呼びますが

多くは日常生活のケアで痛みや不快感を避けられるものです

閉経の前後10年間が女性の更年期になります

日本人女性の場合閉経年齢の平均がだいたい50歳で45歳から55歳が平均的な更年期になります

この時期になると体のいろいろなところにや精神的にまざまな変化があり

それで病気のような症状となり現れます

そして症状がひどい場合が治療の対象になり更年期障害と呼ばれます

更年期を迎えたすべての女性が更年期障害に悩まされるわけではありません

月経不順や生理痛に個人差があったのと同じように更年期の症状も個人差が激しくなります

誰でもなる更年期ですがあまり深刻に考えずできるだけ日常生活の中で改善していくのが大事です

そのほかにも更年期とは別の原因を持つ重要な病気が隠されている場合もあるので注意が必要です

疲労感がとれない

体がだるい、なかなか疲れがとれないやる気がでないなどのこうした症状

こうした症状疲労感や倦怠感は更年期の女性に見られる特徴的な症状です

ホルモンのバランスの乱れからくる一時的な体調不良なのでしばらく様子を見るのが良いでしょう

むしろやる気を起こせない自分を責めてうつ状態になるほうが問題で外で仕事を持つ女性の場合

思うように仕事をこなせないストレスにやられてしまうケースが少なくないので注意が必要です

これまでたまってきた心身の疲れが出てきても不思議でないので

旅行に行ったり第二の人生の充電期間と考えましょう

趣味に時間を割くくらいの心の余裕が必要で日常生活に終われてできない人は睡眠時間を十分とり

生活のリズムだけは規則正しく守ることを心がけましょう

ビタミンB群を補給

ビタミンB群を十分に取ることが大事で男性女性を問わず年齢的に疲れが抜けずらくなります

疲労感、倦怠感は更年期のためではなくて貧血や内臓疾患が原因の場合もあります

食生活のバランスもよく睡眠も十分にとれているのに疲れが取れない場合一度検査を受けましょう

もし貧血や内臓疾患が原因なら日常の生活習慣や更年期の対策だけでは改善しません

女性ホルモンの不足とビタミンB群 疲労肌荒れ、かさつき

ビタミンB群 疲労肌荒れ、かさつき

肩、腰、手足の指先と痛む箇所は違いますが共通の原因は

血行が悪くなり血液中に乳酸が溜まってしまうことです

そこで血液の循環を良くして乳酸を分解するビタミンEが必要です

また乳酸はビタミンB群が不足するとできやすいので

ビタミンB群を多くとり乳酸が出ないようにするのが良いでしょう

ビタミンEを多く含む食材はウナギ、かつお、さんま、まぐろ、玄米、大豆、ココナッツオイルなどです

またビタミンB群を多く含む食材は豚肉、鶏レバー、鶏卵、さけ、いわし、あさり、しじみ、はまぐり、かき

小麦胚芽、納豆、じゃがいも、さつまいも、きのこ類などがあげられます

疲労

ビタミンB群の中でビタミンB1が不足するとエネルギー代謝が悪くなり体に疲れを感じます

特にアルコール、ジュースを良く飲むとビタミンB1が不足します

豚肉、鶏レバー、鶏卵、小麦胚芽、胚芽米にはビタミンB1が多く含まれるので

これらのものを食べるようにしましょう

息切れ、動機

貧血が原因で息切れや動悸が起こる場合があります

更年期の場合、月経不順や機能性出血により

普段はそうでない人も貧血気味になりやすく鉄分が不足します

そこでいつもより鉄分を多く採るようにしましょう

鉄分が豊富なのは、ひじき、青海苔、レバー、しじみ、いわし、ぱせり、小松菜、ほうれん草などがあります

貧血がひどくなると体の抵抗力が低下するため風邪を引きやすくなるので

正常時も月経前後には鉄分の補給が必要です

肌荒れ、かさつき

目と皮膚と粘膜のビタミンはビタミンAです

ビタミンAが不足すると肌の水分と皮脂が急速に奪われます

そのため皮膚がかさつき、かゆみがでます

またサメ肌や吹き出物はビタミンAの不足で皮膚の自浄作用が低下したことが原因です

肌荒れが少しでも気になりだしたらビタミンAを多く含む

レバー、うなぎ、チーズ、にんじん、春菊、にら、ほうれん草、かぼちゃを食べるのが良いでしょう

血液の循環を良くして代謝を促すためビタミンEも合わせてとるようにしましょう