女性ホルモンの不足と動悸、息切れ、頭痛

動悸、息切れ、頭痛

動悸、息切れ

更年期におこる動悸や息切れの特徴はほてりやのぼせと同じで突然やってきます

階段を登ったり緊張したときだけでなく寝ている間に動悸が起こり驚いて目が覚めることもあります

原因はほかの症状と同じく心臓の拍動をコントロールしている自律神経が正常に働いていないためです

症状が軽い場合は深呼吸などをして気持ちを落ち着かせるだけで収まりますが

重い場合は病院で治療を受ける必要があります

普段からコーヒーや紅茶などの嗜好品を好む人喫煙酒の好きな人は動悸が起こりやすい傾向にあります

動悸息切れは狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気にかかわる症状でもあります

肥満も心臓に負担をかけるためこれらの症状の原因になります

頭痛

更年期の頭痛は症状も原因もさまざまです

頭の奥のほうでがんがんしたり一部だけがズキズキと

痛んだり痛みより頭全体が重いなど人により症状は異なります

若いときから頭痛もちだった人は更年期になりその症状がさらに重くなります

更年期が原因で意外と多いのが肩こり、首のこりです

少し重い程度なら入浴や肩や首筋を温めるだけで楽になることがあります

予防策としては普段からストレッチや軽い運動を心がけることです

忙しくて時間が取れない人は朝起きたときなどに肩から腕をぐるぐる回す習慣をつけると違います

仕事でパソコンを使用したり小さい文字を見る機会が多い人またはテレビを見る時間が長い人

眼精疲労が頭痛の原因になっている場合もあります

遠くを見たり目を瞑り眼球を動かして目の疲れをほぐすようにしましょう

眼鏡をかけている人は度があっているかどうかのチェックをしましょう

更年期は視力の変わるときで眼科や眼鏡店で視力の検査をしましょう

原因はいろいろありますが頭痛が持続するとストレスになります

無理をせずに市販薬などで痛みを抑えることを考えましょう

くも膜下出血や脳腫瘍なども自覚症状として頭痛が起こります

また目、鼻、耳、歯に病気がある場合も同様です

これらの病気には手遅れになる取り返しのつかないものもあるので頭痛が長引くようなら病院にいきましょう