女性ホルモンと更年期の月経の周期

月経の周期

更年期月経の周期

更年期に入ると月経の周期が乱れます

通常健康な女性の月経周期は25日から38日周期と言われますが

更年期にはその周期が乱れある人は長くある人は短くなります

周期が長くなる人と短くなる人の差は極端で長い人では3ヶ月や半年に1回などという人もいて

このような症状を稀発月経といいます

一方24日より周期が短くなる場合頻発月経と呼ばれ中には周期が長くなったり短くなったりする人がいます

月経が乱れるのは周期だけではありません血量が多くなったり少なくなったり多くなった場合月経過多

少ない場合月経過小とよび区別します

症状の現れ方は人それぞれですが更年期の変化なのでそれ自体を心配する必要はありません

更年期の女性は誰でも月経不順になるというわけで無く若いときから順調で突然閉経を迎える人もいます

月経不順そのもは心配ありませんがそれでも月経が乱れる場合は婦人病の検査を受けるほうが良いでしょう

子宮筋腫や子宮がん、甲状腺機能異常でも経血があり月経と区別するのが困難です

原因のはっきりしない出血が認められた場合は自分自身が安心するため一度検査を受けましょう

また頻発月経や月経過多の人は酷い場合それが原因で貧血になることがあり

さらにその貧血が原因で動悸や息切れが激しくなる場合もあります

不眠症

更年期の不眠症は更年期の症状で眠りを妨げられ起こるケースが多くあります

更年期特有のホットフラッシュは時と場所を選びません

寝ている最中に急に体がほてってきて起こされたりその後寝汗が体を冷やして目が覚めることもあります

頻尿もそのひとつでまた手足の冷えも睡眠を妨げます

うつ状態や不安感がある場合寝つきそのものが悪くなります

入浴時間を睡眠前にして40度以下のぬるま湯にじっくりつかった後すぐに布団に入る習慣をつけましょう

また温めた牛乳も眠りを助けてくれます

仕事がある場合は医師に相談して睡眠薬を処方してもらい寝つきを良くするのも良いでしょう

女性ホルモンの不足と更年期疲労感

 

更年期疲労感

更年期疲労感

更年期の症状は体精神的にさまざまな状態で現れます

その症状の重いものを更年期障害と呼びますが

多くは日常生活のケアで痛みや不快感を避けられるものです

閉経の前後10年間が女性の更年期になります

日本人女性の場合閉経年齢の平均がだいたい50歳で45歳から55歳が平均的な更年期になります

この時期になると体のいろいろなところにや精神的にまざまな変化があり

それで病気のような症状となり現れます

そして症状がひどい場合が治療の対象になり更年期障害と呼ばれます

更年期を迎えたすべての女性が更年期障害に悩まされるわけではありません

月経不順や生理痛に個人差があったのと同じように更年期の症状も個人差が激しくなります

誰でもなる更年期ですがあまり深刻に考えずできるだけ日常生活の中で改善していくのが大事です

そのほかにも更年期とは別の原因を持つ重要な病気が隠されている場合もあるので注意が必要です

疲労感がとれない

体がだるい、なかなか疲れがとれないやる気がでないなどのこうした症状

こうした症状疲労感や倦怠感は更年期の女性に見られる特徴的な症状です

ホルモンのバランスの乱れからくる一時的な体調不良なのでしばらく様子を見るのが良いでしょう

むしろやる気を起こせない自分を責めてうつ状態になるほうが問題で外で仕事を持つ女性の場合

思うように仕事をこなせないストレスにやられてしまうケースが少なくないので注意が必要です

これまでたまってきた心身の疲れが出てきても不思議でないので

旅行に行ったり第二の人生の充電期間と考えましょう

趣味に時間を割くくらいの心の余裕が必要で日常生活に終われてできない人は睡眠時間を十分とり

生活のリズムだけは規則正しく守ることを心がけましょう

ビタミンB群を補給

ビタミンB群を十分に取ることが大事で男性女性を問わず年齢的に疲れが抜けずらくなります

疲労感、倦怠感は更年期のためではなくて貧血や内臓疾患が原因の場合もあります

食生活のバランスもよく睡眠も十分にとれているのに疲れが取れない場合一度検査を受けましょう

もし貧血や内臓疾患が原因なら日常の生活習慣や更年期の対策だけでは改善しません