ホルモンの減少が自律神経を乱す

ホルモンの減少が自律神経を乱す

ホルモンの減少が自律神経を乱す

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経系から成り立っていて

呼吸器、循環器、消化器,排泄器そして体温調節など

生命を維持させるためさまざまな機能をコントロールしています

各機能を自動調節して生まれてから死ぬまでの間本人の意思とは無関係に働きます

心臓を動かしたり消化機能を制御したり体内の異物を排除したり意識できない

様々な役割を休むことなく果たして人間の体はこの自律神経が正常に働くことで初めて健康が維持できます

ホルモンの分泌量を調節したり分泌されたホルモンを体内に運んだり

運んだホルモンで各器官に刺激を与えたり一連の動きをコントロールするのも自立神経の役割です

実際にホルモンを分泌するのは卵巣などの各器官ですが

その分泌量をチェックして女性ホルモンの影響を受ける体の各器官に指令を出すのは自律神経の仕事です

自律神経の正常な働きにはホルモンが大きな関わりを持っています

そのため更年期を迎え女性ホルモンが減少すると自律神経の働きにも乱れが生じその影響が現れます

自律神経は人の体の健康を維持するために必要なホルモン量を知っていて卵巣の働きが鈍り

必要な量の女性ホルモンが分泌されていないことをチェックすると体の各器官にそのことを知らせます

そしてその足りない分を何とかしようとして役に立ちそうな別の器官に指令を出したりします

エストロゲン補給で肌の老化を防ぐ

エストロゲン補給で肌の老化を防ぐ

エストロゲン補給で肌の老化を防ぐ

女性らしい美肌作りに女性ホルモンが重要な役割を果たしています

月経前後に肌の状態がいつもと変わることを多くの人が経験しているでしょうが

これは2種類の女性ホルモンが肌に影響を与えているからです

排卵時に分泌されるプロゲステロンは脂性肌にする傾向にありこの時期シミやニキビが増えたりします

月経が近くなると肌が荒れ性になってくるのはそのためです

もう1つの女性ホルモンエストロゲンはむしろ肌を綺麗にする働きがあります

月経が終わり次の月経までの中間に当たるころには正常な状態で化粧のりもよくなります

閉経後は美肌作用のあるエストロゲンが減少して肌が衰えていきます

エストロゲンを補給すれば肌の老化を少しでも抑えることができます

女性のスキンケアにはエストロゲンが大きな役割を果たしています

女性ホルモンの不足と手足のしびれ更年期

女性ホルモンの不足と手足のしびれ

手足のしびれ

更年期に起こる血行障害はさまざまな症状になって現れ手足のしびれもその症状の1つです

ほかにも皮膚がピリピリとしたり肌の上を蟻に這いまわれているような感覚に

襲われたり手足の感覚が鈍くなると感じる人もいますがこれらはすべて結構不良による知覚異常の症状です

知覚異常は自律神経の失調だけでなく女性ホルモンエストロゲンの減少が直接の原因になっているのが

そのほかの更年期症状との違いです

女性ホルモンエストロゲンには肌の張りを保つ働きがあり女性ホルモンエストロゲンによる適度な張りが

正常な皮膚感覚を保っています

ところが老化が進むと皮膚が張りをなくすだけでなく薄くなってくるので神経が過敏になります

更年期特有の知覚障害は神経の過敏反応によるものです

痛みはありませがつねに気になる感覚のためイライラやストレスがたまり症状の程度により

心理療法やカウンセリングが必要になる場合もあります

予防薬は血行を促すビタミンB郡、ビタミンC、ビタミンEなどを多く採るように食事に気を使いましょう

ビタミンB郡の中でもビタミンB12は神経反応を調節する働きがあります

ビタミンB12を多く含む食品には魚介類、豚、牛、レバー、海苔などがあります

手足のしびれや麻痺、感覚異常は頚椎や腰椎が異常であることも考えられます

また指先にこわばりがある場合は間接リウマチの疑いもあります

症状が悪化していたりいつまでもある場合は病院での検査が必要です

女性ホルモンの不足と動悸、息切れ、頭痛

動悸、息切れ、頭痛

動悸、息切れ

更年期におこる動悸や息切れの特徴はほてりやのぼせと同じで突然やってきます

階段を登ったり緊張したときだけでなく寝ている間に動悸が起こり驚いて目が覚めることもあります

原因はほかの症状と同じく心臓の拍動をコントロールしている自律神経が正常に働いていないためです

症状が軽い場合は深呼吸などをして気持ちを落ち着かせるだけで収まりますが

重い場合は病院で治療を受ける必要があります

普段からコーヒーや紅茶などの嗜好品を好む人喫煙酒の好きな人は動悸が起こりやすい傾向にあります

動悸息切れは狭心症や心筋梗塞などの心臓の病気にかかわる症状でもあります

肥満も心臓に負担をかけるためこれらの症状の原因になります

頭痛

更年期の頭痛は症状も原因もさまざまです

頭の奥のほうでがんがんしたり一部だけがズキズキと

痛んだり痛みより頭全体が重いなど人により症状は異なります

若いときから頭痛もちだった人は更年期になりその症状がさらに重くなります

更年期が原因で意外と多いのが肩こり、首のこりです

少し重い程度なら入浴や肩や首筋を温めるだけで楽になることがあります

予防策としては普段からストレッチや軽い運動を心がけることです

忙しくて時間が取れない人は朝起きたときなどに肩から腕をぐるぐる回す習慣をつけると違います

仕事でパソコンを使用したり小さい文字を見る機会が多い人またはテレビを見る時間が長い人

眼精疲労が頭痛の原因になっている場合もあります

遠くを見たり目を瞑り眼球を動かして目の疲れをほぐすようにしましょう

眼鏡をかけている人は度があっているかどうかのチェックをしましょう

更年期は視力の変わるときで眼科や眼鏡店で視力の検査をしましょう

原因はいろいろありますが頭痛が持続するとストレスになります

無理をせずに市販薬などで痛みを抑えることを考えましょう

くも膜下出血や脳腫瘍なども自覚症状として頭痛が起こります

また目、鼻、耳、歯に病気がある場合も同様です

これらの病気には手遅れになる取り返しのつかないものもあるので頭痛が長引くようなら病院にいきましょう

女性ホルモンの不足と手足腰の冷え更年期

手足腰の冷え

手足腰の冷え

冷え性に悩む女性が多くいますが思春期以上の女性の半分は冷え症に悩んでいるそうですが

更年期というより婦人病のひとつになるかもしれません

更年期障害の女性の場合冷え、ほてり、のぼせが交互にやってくる特徴があります

また手足の毛細血管が収縮しているのに心臓より上の血管が拡張して

手足が冷たいのに顔がほてるなどの症状が現れることがあります

一般的に若いときから冷え性で悩んだ人ほど更年期での冷え性は酷くなる傾向にあります

原因は若いときよりも血行が悪くなる血行不良なので

血の巡りを良くするビタミンEを多くとる食生活を心がけると良いでしょう

便秘予防やダイエットのため胃がもたれるなどの理由で魚などのたんぱく質をさけ

野菜や果物を食べている人もいるかもしれませんが冷えに関しては逆効果です

野菜果物は体を冷やす作用があります

できるだけなまで食べず火を通して調理して食べると良いでしょう

ニンニクやニラ、ねぎなど体を温める働きをする野菜も合わせて採るとより効果的です

症状が酷くない場合は靴下や下着などの重ね着である程度はしのげます

冷え性も別の病気の場合は注意が必要です

貧血、低血圧、心臓病も冷えの症状が出るので症状が酷い場合は病院で検査を受けたほうが良いでしょう

女性ホルモンエストロゲン不足とセックスの性交痛

セックス性交痛

セックスの悩みで一番多いのが性交痛です

性交痛はセックスの際の痛みがつらいのはもちろんですが

それが原因で性生活が無くなり精神的に不安定になることもあります

痛みの原因は女性ホルモンの1つエストロゲンの減少により外性器や膣内の粘膜が薄くなっているkとです

膣内を潤しセックスの時に潤滑液の役割をしていた

バルトリン腺からの分泌液の量が減り膣内が渇き気味であることがあげられます

病気ではありませんがエストロゲンの減少が原因なので

ホルモン補充療法やプエラリアサプリメントなどエストロゲンを補う方法は効果的です

またセックスそのものは市販の潤滑剤などを使用することで挿入をスムーズに行えます

市販の潤滑剤の場合は植物性のものが良く

マッサージオイルとして売られているビタミンE配合のものなら問題ありません

注意が必要なのが背急を原料にした潤滑剤です

また潤滑剤が購入しにくくベビーオイルを代用する人もいますが膣表面の分泌腺をふさいでしまい

自然の分泌の妨げになります

さらにコンドームで避妊している場合ラテックスは鉱物油に弱いため

膣内で避ける可能性があるので注意が必要です

膣内に潤いを与えるホルモン剤を座薬のように膣に挿入するタイプのものも販売されています

ホルモン剤は意が荒れるために苦手という人にはお勧めですが効果が出るまでに時間がかかるため

前日やその日の午前中に挿入しておかなければならないのが難点です

乾燥気味の膣は粘膜も薄くなっているため雑菌が侵入しやすい状態です

そのため膣炎を起こしやすいのでおりものが増えたりおりものに血が混じるようなら婦人科での診察が必要です

女性ホルモンの不足とダイエット

ダイエット

ダイエットと女性ホルモン

 

30歳を過ぎると女性は太りやすくなります

運動をしていない人はカロリーを消費する筋肉が減少してしまいます

また新陳代謝が少なくなり同じ量を食べるとそれだけで太ってしまいます

基礎代謝は10年間に2パーセントずつ減少するのが目安で更年期以降はさらに減少します

更年期でダイエット法でもっとも一般的なのは食事の量を減らすことです

年齢、性別を問わずダイエット法で一番効果が出やすいのが適度な運動です

食事を減らす方法は食べたいものを我慢するという割りに効果が低くかえって逆効果になることさえあります

急にカロリーの摂取量を減らすと体はその異変にきずき新陳代謝を抑えカロリーの消費を抑えます

そして少しでも体に入ってきたカロリーをできるだけできるだけ蓄えようと体に溜め込みます

ダイエットを始めたつもりが体はより太りやすい体質に変化していきます

無理なダイエットは長く続かずつねに空腹感があり体が太りやすい体質に変わりメリットがあまりありません

ダイエットをするなら食事の方法を一生続けることができる内容でないと意味がありません

効果がない食事法を元に戻すと体は太りやすくなるので以前より太りやすくなります

エストロゲンはコレステロールを抑制する

脂肪は1グラムにつき9キロカロリーのエネルギーをもっています

それに対して炭水化物とたんぱく質はともに4キロカロリーで脂肪のカロリーのほうが高くなります

そのうえ体内で使用できる物質に変換するために

炭水化物とたんぱく質が25パーセントのエネルギーを必要とするのに対して

脂肪は3パーセントのエネルギーで変換できるため残りの97パーセントが体内にに蓄えられます

エネルギーを蓄えるのには優れた栄養素ですがダイエットには大敵です

そのためダイエットには脂肪をまったく取らない人がいますがお勧めできません

脂肪をまったく取らないと美容には悪く髪がパサパサしたり

手足が浮腫んでいたりしたら脂肪不足が原因かもしれません

また脂肪の仲には体の脂肪を燃やす

働きがあるものがあり必須脂肪酸のリノール酸は脂肪を効率よく燃焼します

脂肪をまったく取らないのは体に悪く逆効果で

炭水化物、たんぱく質、脂肪の3大栄養素はダイエットでも完全に取り除いてはいけません

若いときに太っていた人より更年期前後に太りだした人のほうが

心臓病にかかる危険性が高いといわれています

もし太りすぎで心臓病に加えて、高血圧、糖尿病、乳がん、子宮内膜症になる危険性が高くなります

コレステロールは食事から取り入れるのは約2割で

残りの8割は肝臓で作られています

食事の制限だけではあまり意味がありません

ダイエットのためにはコレステロールを抑える

女性ホルモンエストロゲンが必要になります

女性ホルモンエストロゲンには血中コレステロールを抑制する作用があり

若いときはその働きでコレステロールが溜まるのを防いでくれます

年齢とともに減少して若くても生活習慣で減少してしまいます

更年期を過ぎてエストロゲンの分泌が不足すると血中のコレステロールの量が急増します

若いときと同じ量を食べるだけで太りやすくなります

ダイエット効果を素早く得たい場合は女性ホルモンエストロゲンを補給すればより効果が高まります

更年期以降に太りだした人は注意が必要なのはそのためです

不足する女性ホルモンエストロゲンをサプリで補給する方法もあります

サプリを使用してエストロゲンを補給していくのも女性の成人病の予防に効果的な対策の1つです

女性ホルモンはこうした健康維持や病気の予防にも役立っています

女性ホルモンの不足と肩こり

肩こり、腰痛、関節炎

肩こり、腰痛、関節炎

肩こり、腰痛、関節炎は更年期に限った症状でなく時には

肩こり、腰痛は若いときから持病として抱えている女性もいます

更年期以降これらの症状が治りにくくなるのは確かです

ホルモンなどの内分泌は体を動かす油にたとえられますが油がきれてきているため節々が動きにくくなります

また骨粗しょう症までは行かなくても骨の耐久力は減少してますので

筋肉、骨に関する症状は出やすくなります

また肩こりや腰痛は血行不良が原因の場合もあります

無理ない適度の運動は血行をよくして骨にも刺激を与えるので家の中で動く習慣をつけましょう

休日などは1時間くらいかけて散歩に出る習慣がつけば

日光を浴びる時間が増えるのでビタミンDの働きを活発にします

ビタミンDには骨のカルシウム吸収を助ける機能があるので丈夫な骨作りにも効果的です

肩こりは高血圧や脳疾患でも起こります

また骨粗しょう症などで脊椎が変形していると神経の1部が圧迫されるため

腰痛や背中の痛みを覚えることがあります

肩こり

首や肩の筋肉の血行不良が原因
形の筋肉がこってうずくような痛みその痛みが首から後頭部、腕背中にと広がり

ときには指がしびれたり首が動かせないようになる

肩こりは肩の関節よりもその周りの筋肉や腱が緊張して

血行が悪くなり乳酸などの疲労物質がたまるものです

女性の深い症状の第一は肩こりですがこれは重い頭を細い首や肩が支えているために起こります

首や肩の筋肉や腱に負担がかかりやすいからです

長時間細かい作業をしたり前かがみの無理な姿勢をとったりすると

肩こりが起こりやすくなり視力が悪いと前かがみの無理な姿勢をとるようになるので注意しましょう

そのほか寒くて筋肉が硬直したり運動不足で血行が悪いと肩こりの原因になります

疲労や睡眠不足心身のストレスも影響を与えます

月経前や月経中の肩こりはホルモンの乱れが原因です

筋肉の疲れが原因の肩こりはただの肩や背中の張りやこりだけでなく

筋肉痛や全身のだるさといった症状も引き起こします

ほとんどは血液の循環を改善して疲労物質を取り除けば治る軽い症状です

なかには変形性頚椎症、肩関節周囲炎などの

整形外科的な病気や心筋梗塞などの循環器的な病気も含まれていることがあります

頑固な肩こりが持続するときや何度も繰り返されるときは整形外科を受診しましょう

繰り返す内に症状が重くなり治りにくくなります

首や肩が重い、だるい、動かすと痛い症状のうちに治しましょう

全身の血行をうながす

毎日おふろに入る習慣をつけましょう

38度から40度のぬるめのお湯に半身浴して全身の血行を促します

無理な姿勢をしない

仕事中疲れたと思ったら上体をそらして伸びをするなどの習慣をつけるとよいでしょう

仕事のあとは首や背中の筋肉を伸ばす運動をしましょう

デスクワークの多い人は長時間同じ姿勢をとったり座ったりしないように休憩をとりましょう

運動不足

デスクワークが多い人や車中心で歩くことが少ない人は

スイミングなどで運動不足を解消して全身の血行をよくします

肩をあたためる

入浴中に蒸しタオルで肩をあたためたり42度くらいの集めのシャワーを肩をかけてみましょう

ホットパックや携帯用回路を使って肩をあたためましょう

疲労物質を除く食事

みかん、れもん、りんごなどに含まれるクエン酸を摂取して疲労物質の乳酸を抑えます

また疲労物質を排出させる胚芽米、レバー、大豆、落花生などのビタミンB群を摂取しましょう

血液の流れを阻害しない服

体を冷やすのも血行を悪くします

冷房が入っているときはカーディガンなどで直接冷機があたらない様にしましょう

また体を締め付けるようなタイトな衣類やブラジャーなどの下着も

血行を阻害するので余裕のあるもにしましょう

バッグは肩掛け式のものはやめて手にもつタイプにすると肩への負担が少なくなります

女性ホルモンの不足とホットフラッシュ自律神経の乱れ

ホットフラッシュ自律神経の乱れ

ホットフラッシュ

ホットフラッシュは、のぼせ、ほてり、多汗の総称でほとんどの女性が経験する更年期の症状です

どの症状も自律神経の働きが乱れていることが原因であまり深刻に悩む必要はありません

ただ厄介なのは症状が現れるのが不規則で時と場所を選ばないことで

電車に乗っていたら突然体中が熱くなったり人と話しているときいきなり汗を噴出したり

きっかけが突然で症状が現れるので人と接することが多い仕事の女性にはこまる症状です

多汗以外は周りの人も気がつかず本人が我慢すれば心配ありませんが

不快感と人前での変調が不安で人と会うのがいやになる人もいます

原因は自律神経の乱れで自律神経の大事な役目の血管の拡張、収縮があります

体内に熱がこもると血管を広げて熱を逃がして逆に冷えてくると

血管を狭くして熱の放出を防ぐことで体温を一定に保ちます

ところが更年期特有の自律神経の乱れにより突然血管が拡張すると、ほてり、のぼせ、多汗などの

症状が現れ収縮すると末端の毛細血管で血の巡りが悪くなり手足の先が冷えてきます

つまり冷え性とホットフラッシュの原因は同じで表裏一体の関係にあります

そのため寝ているときほてりと多汗に襲われた直後今度は体が冷えて風邪になることもあります

そのうえ更年期は体の免疫機能が低下しているために一度引いた風邪がなかなか治らないこともあります

またそんな不快感からイライラがつのることもあり

日常生活に支障が出ることがあれば病院で相談すると良いでしょう

甲状腺機能亢進症

ほてり、のぼせは高血圧、心臓疾患でも同じような症状が現れます

また多汗は甲状腺機能亢進症でもあらわれます

特に甲状腺ホルモンが過剰に分泌される甲状腺機能亢進症は更年期の女性に多い病気です

悪化すると甲状腺のある首がはれて太くなる眼球が飛び出してくるなどの症状が現れます

区別はしやすく初期の症状は更年期障害の症状とそっくりなので

見逃され発見が遅れてしまうケースがあります

最近急激にやせてきたといったことがあれば要注意です

女性ホルモンの不足と更年期疲労感

 

更年期疲労感

更年期疲労感

更年期の症状は体精神的にさまざまな状態で現れます

その症状の重いものを更年期障害と呼びますが

多くは日常生活のケアで痛みや不快感を避けられるものです

閉経の前後10年間が女性の更年期になります

日本人女性の場合閉経年齢の平均がだいたい50歳で45歳から55歳が平均的な更年期になります

この時期になると体のいろいろなところにや精神的にまざまな変化があり

それで病気のような症状となり現れます

そして症状がひどい場合が治療の対象になり更年期障害と呼ばれます

更年期を迎えたすべての女性が更年期障害に悩まされるわけではありません

月経不順や生理痛に個人差があったのと同じように更年期の症状も個人差が激しくなります

誰でもなる更年期ですがあまり深刻に考えずできるだけ日常生活の中で改善していくのが大事です

そのほかにも更年期とは別の原因を持つ重要な病気が隠されている場合もあるので注意が必要です

疲労感がとれない

体がだるい、なかなか疲れがとれないやる気がでないなどのこうした症状

こうした症状疲労感や倦怠感は更年期の女性に見られる特徴的な症状です

ホルモンのバランスの乱れからくる一時的な体調不良なのでしばらく様子を見るのが良いでしょう

むしろやる気を起こせない自分を責めてうつ状態になるほうが問題で外で仕事を持つ女性の場合

思うように仕事をこなせないストレスにやられてしまうケースが少なくないので注意が必要です

これまでたまってきた心身の疲れが出てきても不思議でないので

旅行に行ったり第二の人生の充電期間と考えましょう

趣味に時間を割くくらいの心の余裕が必要で日常生活に終われてできない人は睡眠時間を十分とり

生活のリズムだけは規則正しく守ることを心がけましょう

ビタミンB群を補給

ビタミンB群を十分に取ることが大事で男性女性を問わず年齢的に疲れが抜けずらくなります

疲労感、倦怠感は更年期のためではなくて貧血や内臓疾患が原因の場合もあります

食生活のバランスもよく睡眠も十分にとれているのに疲れが取れない場合一度検査を受けましょう

もし貧血や内臓疾患が原因なら日常の生活習慣や更年期の対策だけでは改善しません